バーの集客アップを狙え|上手に経営する方法を伝授

事業計画書を基本にします

男性

店舗開業に当たっては、飲食業の場合や歯科開業などで取得すべき資格や届け出先にも違いを有するものとなります。店舗開業をする前に、事業計画書を作成しておく事で、資金調達以外にも関係する人の必要作業に役立てる事ができます。

やりたいことができる

相談

大阪では商売をする人が多く、商人の町だからこそ、いろいろな商売ができやすくなっています。しかし、素人がいきなり始めるのは大変です。そこで、開業支援をしてくれる会社を大阪で探してみましょう。資金繰りや立地などを探してくれます。

客数アップのための工夫

お酒

店舗改善とSNS利用

飲食店ビジネスは多額の開業資金や専門知識を必要とせず誰でも手軽に始められるため、多くの人が参入しています。中でもカクテルやウィスキー・ビールなどの酒類を中心に提供するバーは客単価も高く、一定の客数を確保できれば安定した収益を上げられるビジネスモデルとして人気を集めています。とは言え飲食店が多く集まる繁華街ではそれだけ競争も激しく、集客に苦労している店も少なくありません。そのようなバーの経営を改善させるためには、客数アップのためのさまざまな工夫を試しながらその店に合った集客方法を見つける必要があります。飲食店の中でもレストランやラーメン店・回転寿司店などはチラシ広告も効果的ですが、バーの場合は口コミによる集客に頼らざるを得ない面もあります。利用客の側でも店の雰囲気を重視する傾向が見られるため、リピート客を増やすには店舗内装やBGM・看板などを見直すことも必要です。一見客を常連客に育てていくための店の雰囲気作りに加え、提供する酒類の種類やつまみ類・料理といったメニューの改善もバーの客数を増やす方法として効果的です。こうした店舗改善の努力だけでは十分な客数アップが得られない場合も少なくありませんが、最近ではSNSやブロクを使った集客も成果を上げています。店の雰囲気やメニューをより多くの人に情報発信するための手法として、双方向のコミュニケーションが可能なSNSは最適です。スマートフォンを使って店を検索する人が増えている中で、情報拡散のテクニックを利用した認知度拡大の集客術が求められているのです。飲食店の開業・経営をサポートしているコンサルティング会社では、バーの店舗改善やSNSを活用した集客術に対しても支援を行っています。店舗ブログが検索エンジンで上位表示されるためのSEO対策に加え、動画を効果的に使った販促活動まで視野に入れた集客戦略を展開することでバーの経営も改善されるのです。

業者を活用する

アメニティ

ホテルなどではシャンプーや石鹸などのアメニティグッズを購入し、部屋に置くなどしていることが一般的である。アメニティグッズの注文では、ネット注文が多くなっており、品ぞろえが豊富である業者などが活用される傾向にある。