バーの集客アップを狙え|上手に経営する方法を伝授

事業計画書を基本にします

男性

資格取得と届け出をする

店舗開業に当たっては、開業当日までに準備する内容が様々に存在します。業種によっても、必要な作業が違ってきます。例えば、飲食店などの店舗開業に当たっては、食品衛生責任者としての資格などが必要になります。店舗が収容する人数によっては、防火管理者などの資格も必要となり、各所に届け出をしておく事も必須業務です。必要資格の取得や届け出については、店舗開業の1ヵ月前位を目途にやり繰りしておく事になります。飲食店ではなく、歯科などの医療行為を行う店舗開業の場合にも、医師としての資格は当然必要ですし、付随する業務や届け出先なども変わってきます。店舗開業は、各段階における作業として、一人の力で行える内容ではありません。協力体制が必要になりますが、事業計画書を予め作成しておくと役立ちます。事業計画書は、資金調達の場面などで提示が必要になるものです。しかし、資金調達以外にも、店舗開業までに必要な各段階について、関係各者が把握する指針になるものでもあります。事業計画書を作成し、日程を組む事で、スムーズに必要作業をこなしていく事に繋がります。事業計画書ができれば、店舗開業までに土地建物の購入をする、あるいは修繕工事を行うなどで、店舗場所の確保を行えます。シーンに応じて必要となる人材の募集、物品を準備するなどができます。店舗開業までの流れは、紙面に示すとまとまりが出ます。唯、実際の作業は予定通りにいかない部分も発生しますので、要所で確認をしながら日程を遵守して進行する事も必要になります。